Credit Life(クレジットライフ)

快適なクレジット生活のために

クレジットカードの審査においての年齢制限について具体的にご紹介しています。

Free Template

クレジット審査の審査内容に含まれる「年齢」、この年齢制限について審査方法はどのような流れになっているのか疑問に思うことがある人も多いのではないでしょうか?
私の学生時代、学生なのにクレジットカードを持っている子がいました。学生でもクレジットカードは持てるのでしょうか。そこで、審査年齢制限について。

クレジットカードを発行するのに「未成年」は、原則発行するのは難しいようです。18〜19歳という未成年の場合、安定した職に就職していても、年収が高くても「未成年」という括りになります。未成年は「親の同意」が必要な年齢と言われていますよね。これは、クレジットカードの審査にも同様に適用されます。なので、大学生や専門学校生などが使う「学生カード」は、「親権者の同意」があればクレジットカードが発行できるようです。しかし、同じ学生でも高校生はNGと言われています。例外として、高校生でも職業訓練学校に通っている高校生などは、場合によって発行できるようです。
でも18歳でもクレジットカードを持ちたいという方には、「家族カード」というクレジットカードがあります。これは、自分でクレジットカードの申請をしなくても、両親が持っているクレジットカードの「家族カード」を持たせてもらうということ。基本的にクレジットカードの審査は、支払い能力があるかをみるための材料として「年齢」を聞いていますからね。学生さんは基本的には「勉学」に努めるものですから、クレジットカードを独自で発行することは難しいかもしれません。

学生でも20歳以上ならば「両親の同意」なくクレジットカード発行できるのか。残念ながら20歳以上でも「学生」の場合は、「両親の同意」が必要なカード会社が多いようです。「学生は、何をするにも、同意・同意・・。」はしょうがないのですかね。
20歳以上でも正社員など安定した職業に就職している方は、誰の同意も必要なくクレジットカードを発行できるようです。やはり「学生」ではなく「正社員」=「自分で稼ぐ」という点が発行につながるみたいですね。「正社員」ではなく「アルバイト」「パート」「フリーター」といった収入不安定な職業でもクレジットカードを発行できる会社も増えてきているうです。

逆に、「高齢者」になるとだんだんクレジットカードの発行が難しくなります。クレジットカード発行の審査年齢制限は、だいたい18歳から65歳くらいまでと規定にあるようですが、70歳くらいでも発行できた方もいるみたいなので、年齢制限規定は会社によって違うみたいです。やっはり、高齢になるにつれて、「突然死」や「病気になっても高齢者だと免疫力も下がり治癒しくいため死へのリスクが高い」などによる、高齢者への貸し倒れリスクを阻止するものだと考えられます。貸し倒れリスクはクレジットカード会社の大きな損失ですからね。

25歳くらいから35歳の年齢は、逆に「働き盛り」ということで、比較的クレジットカードが作りやすいようです。
36歳から59歳くらいの方も同様ですが、50歳過ぎくらいで「新規にクレジットカード発行する」のは、ちょっと審査年齢制限に引っ掛かかるかもしれません。これは定年退職といった事を考慮されてしまうから。「働き盛り」ではなくなりますもんね。あくまでも新規加入もお話です。

60歳から審査は難しくなるようです。会社経営者などの方は問題ないと言いますが、年齢だけで判断すると厳しいようです。

私はよく、通販にてクロネコヤマトを利用しますが、こういう時もカードがあると便利ですよね。
特に年金受給者の方は、発行できないかもしれません。でも、年金生活者で、資産を多く所有しているなど返済能力があると判断されればクレジットカードが発行されることもあるようです。これも会社の審査規定によって違いがあるようです。クレジットカード審査は年齢審査の制限が確かにありますが、他にも「財産・資産・不動産・担保」なども総合的に判断している会社が多いので、一概に「審査年齢制限でカード発行不可」は判断されないのかなと。未成年は別ですが。人間は年を重ねていく生き物なんですから、年齢で判断されるなんて何か悲しいですね。年齢をストップできる薬があればいいのになあー(笑)
若いうちに1枚はクレジットカード発行しといた方がよさそうですね!! また、カードについて心配ごとがあるならば、http://www.card1616.com/shinsa/ をのぞいてみることもお勧めします。